ニ短調の旋律短音階を書いてみよう♪

福岡県北九州市門司区の松山ピアノ・ソルフェージュ・音楽教室の講師(松山益代)です。

旋律短音階は、上行形はⅥ音、Ⅶ音を半音上げ、

下行形は自然短音階に戻ります。

今回は「ニ短調」を例に挙げてみます。

間違い

たまにこう↓書いているのに気がつかずに、
IMG_8233_3264x500_2

下段↓の「正解」を弾いている人がいます。

正解

IMG_8233_3264x500_1

①Ⅵ音「シ」は調号によって、「♭」が付いているので、
この音を半音上げるには「♯」ではなく「ナチュラル」
を書くのが正解です。

②書いてみることによって、より理解を深めることができます。

③ほんのちょっとの積み重ねが、後々役に立つんです。
どんどん楽譜を書いてみましょう♪

楽典講座


PAGE TOP