前奏の無い曲(歌)の場合の前奏の付け方は・・・♪

福岡県北九州市門司区の松山ピアノ教室(ソルフェージュ・音楽教室)の講師(松山益代)です。

前奏の無い曲(歌)の場合の前奏の付け方は・・・♪

楽譜の中には、前奏が付いて無くて

歌い出しがしにくい」場合があります。

特に、小さなお子さんなどは、いきなり

せーの、さん、ハイッ!」などの

合図だけ」では、

上手に「歌い出しがしにくい」場合など、

前奏が欲しい時」が有ります。

今回は、小さなお子さんが良く知っている

チューリップ」(ハ長調)で

簡単な前奏を付けてみましょう♪

【前奏を付けた例】
前奏の無い曲(歌)の場合の前奏の付け方
(上段は前奏無し⇒下段は前奏を付けた例です)

このような場合、普通は

曲の最後の2小節(曲によっては4小節)

を前奏にします。

歌い始めの「直前の和音は第一転回形

を使い、

主音が一番上にくる

ようにします。

※主音(ハ長調なので、この場合は「ド」)

左手は「1オクターブ下の主音」を弾きます。

こうする事で、歌い始めやすくなります。

各調でカデンツの練習をする」と、

パッと必要な時に和音が思い浮かぶ

ようになって行きます♪

最後までお読みくださりありがとうございました♪(^_^)

 

 

楽典講座


PAGE TOP