楽典・聴音に強くなるには・・・♪

福岡県北九州市門司区の松山ピアノ教室(ソルフェージュ・音楽教室)の講師(松山益代)です。

楽譜を手書きする「くせ」を付けよう♪

当教室では、

生徒さん全員にノートを使って音符、休符を書くのに加え

聴き取った音メロディーをきちんと書く」ことを教えています。

「ソルフェージュ」が進んでいる方には、

音階(短音階は3種類全て)、和音を各調で書いて憶えていただいています。

※自分自身で「コードに沿って和音を書き込み曲を完成させて練習する教材」を使っている生徒さんもおられます。

「和音」も「音階」も見て憶えるだけではなかなか身に付きません。

メロディーを聴き取れても、楽譜にきちんと書けなければ、正しく聴き取れた事にはなりません。

書くこと」によって、目で見て憶えた事を再確認でき、「音楽のしくみ」をより理解しやすくなります。

こうした少しずつの積み重ねで、

聴音や楽典の問題に少しずつ強くなっていける

と思います♪

最後までお読みくださりありがとうございました♪(^_^)

 

 

楽典講座


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。