☆リズム練習をしっかりしましょう♪ (Part 1)☆

福岡県北九州市門司区の松山ピアノ教室(ソルフェージュ・音楽教室)の講師(松山益代)です。

リズム練習をしっかりしましょう♪ (Part 1)

picblog201401072158

↑16分音符が楽譜に出てくるようになると、「速くスラスラと弾けるようになりたい!」と誰もが考えると思います。楽譜に黒い音符が増えた事で、「ちょっと難しい曲が弾けるようになった!」「レベルが少し上がったんだ!」と心もウキウキします。

すると、

「速ければ速く弾けるほどカッコイイ!!」
「さぁ、早く繰り返し何度も練習するぞー!!」
・・・と考えて、
picblog201401072159
を、練習しまくるケースが多々あります。

その練習、ちょっと待ったー!!

その前に!!!
生徒さんには下記に様な練習をして欲しいと思います。(特にハノンなど)

picblog201401072200
を練習したいなら、↓↓↓の練習をして欲しいです。

【その1】

1.まず、ゆっくりしたテンポで弾く。

2.全部スタッカートで弾く。(f:フォルテ・p:ピアノの両方で)
picblog201401072201

3.スラー+スタッカートで弾く。
picblog201401072202

【その2】

下記のリズム1~5などを例として、色々な種類で練習しましょう。

リズム1
picblog201401072203

リズム2
picblog201401072204

リズム3
picblog201401072205

リズム4
picblog201401072206

リズム5
picblog201401072207

【今回のまとめ】

1.ただ、16分音符を「いかに速く弾くか」という事だけを考えて練習を続けると、16分音符の多い曲や長い曲が出てきた時に、指が転んでしまいます。

2.指をしっかり鍛えながら、リズム練習をしてみましょう♪

 

 

 

音楽, その他


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。