左手をなめらかに動かすためには

福岡県の北九州市門司区で

  • ソルフェージュ力
  • 初見力

を重視したレッスンを行なっている
松山ピアノ・ソルフェージュ・音楽教室の主宰講師の松山益代です。

ピアノの上で左手が右手と同じように動いたら…

…と思う方は多いことと思います。
(右手が利き手の方の場合ですので、左手が利き手の方は逆になると思います)

今日は、左手の練習に目を向けてみようと思います。

ちなみに今回の内容は、あくまでも私個人の考えです。

左手の動きを良くするには…

①左手がメロディーの曲をいくつか弾いてみる

ある程度初級の段階をクリアしたら…です。

②和音を1オクターブ奏法で練習する

基本的な和音の練習ができたら…です。
バーナムなどに良く出てきます。)

③次に10度音程の練習をする

(a). 指を回さずにできる限り開いて練習する

(b). 1の指(親指)を軸にして、上からくるりと回す奏法で練習する

(c). ベースをポンと弾き、基本的な和音で練習する

…など、まだまだたくさんありますが、

ピアノの練習ではない方法

で、私が20年ほど前からちょくちょくしている方法をご紹介します。

それは…、

左手で字を書く

ということです。(ひらがな、カタカナ、漢字、英語…)

不思議なことに左手でスラスラ字が書けるようになったら、ピアノの上での左手の動きに少し変化が出ました。

私のアレンジする耳コピなどの曲では、流れるような感じを出すために左手の音を増やし、1オクターブ以上の音程のアレンジになっている曲が多くあります。

Planetes/EGOIST/(TVアニメ「ギルティクラウン ロストクリスマス OVA 」主題歌)のピアノソロアレンジ

今回は5年ほど前のアニメの主題歌で、この曲は「ピアノでアレンジしたら合うんじゃない?」と思っていた曲をフルコーラスで耳コピし、アレンジしました。

同じコード内16分音符の2拍の刻みで最大19度の音程になっています。
(響きを良くするため左手の幅を広くしてあります)

最後までお読みくださり、ありがとうございました♬(^ ^)

レッスン


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。