地味な基礎レッスンを積み上げた結果…!?

Nさん(大人の女性の生徒さん)の場合

Nさんが当教室に入会して、約1年8ヶ月。

Nさんは子供の頃習っていて、

「辞めてから十数年のブランクがあるけれど、また弾きたくなった。
ピアノだけでなく楽典的な勉強もしたい!」

とのことで、入会されました。

Nさんが習っていた頃、最後に弾いたのが

ソナチネアルバムのハ長調(調号なし)の曲

そして現在、彼女が練習しているのは、

ベートーヴェンのソナタ【月光の終楽章】(嬰ハ短調・調号♯4つ)

です。

この曲を自分の力で楽譜を読み取り、練習に励んでいます。
(楽典的な理論も全部理解してくれています)

彼女はとても「素直」に私の出す宿題を全部練習してきます。

曲の他(J-POPの曲もしています)には、

  • リズム練習
  • 音階、調のしくみ
  • 指の練習(全調で一周するタイプ)
  • 和音を読み取る練習

…など、まだまだありますので上記は一例です…。

 

Nさんは、夜勤明けのレッスンが多いのですが、

レッスンを休む事などほとんどありません

 

Nさんの力が急に伸び始めたのが、習い始めて

1年3ヶ月」くらいを過ぎた頃から。

 

個人差はありますが、

私の勧めるワークをしてもらい、このように急にレベルアップするまで

1年3ヶ月前後」

という方が一番多いのです。

 

「直ぐの効果」を期待し過ぎないこと

今年に入り、音大のピアノ科卒業のピアノの先生をされている方が、

ちょうど「1年3ヶ月」で全てを吸収していただいたので、

当教室を卒業されました♪(^_^)v

 

しかし、

この「レベルアップの瞬間」まで待てない方…多いです。

「直ぐの効果」を期待し過ぎて、

ほんの数ヶ月で諦めてしまう方もたくさんいます。

 

走り幅跳びを例にすると、

ほんの少しの助走では、遠くへ跳べない

のと同じで

遠くまで跳ぶためにはたくさんの助走が必要

です。

この

基礎の部分の積み上げ(助走の部分)をどれだけできるか?

で、その先の

  • 応用力
  • 弾ける曲の数や幅

も大きく変わります。

 

いろいろな教本を少しずつかじって、

「自分は、これもあれも知っている」

と頭の中は一杯にしていても、

肝心の宿題をやってこない

 

当教室に来てくれたからには、

私の勧める宿題をしてもらわないと「前に進むことはできません」。

 

頭であれこれ考えるだけでなく、

  • 手を実際に使ってピアノを弾いて
  • 手を動かして楽譜を自分で書いて

もらわないと…。

 

話を元に戻しますが、Nさんに、

どうして素直に宿題をこなしてくるの?」

を質問してみたところ、

基礎を積み上げていろいろな曲が弾けるようになりたいから♬

という、嬉しい返事をいただきました♪(^_^)

20160601_1024x768
涼しげな貝殻のごほうびシール♪

 

松山ピアノ教室(ソルフェージュ・音楽教室)

レッスン


PAGE TOP